content

content

Content of article

イスラームは社会の構成員が、互いに挨拶を交わすことを奨励しています。それは挨拶が原因付けるところの、愛情と友愛を育むためなのです。アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)はこう言いました:

「あなた方は信仰するまで天国に入ることはない。そして互いに愛し合うようになるまでは、本当に信仰したことにはならない。あなた方がそれを行えば、互いに愛し合うようになることを教えてやろうか?あなた方の間に挨拶を広めるのだ。」

(ムスリムの伝承)

また挨拶を受けた者がそれに応じるのは、ムスリムとしての義務です。至高のアッラーはこう仰いました::

-そしてあなた方が挨拶を受けたら、それよりもっとよい形の挨拶で挨拶するか、あるいは同じ言葉を返すのだ。実にアッラーはあらゆる事柄をも(仔細に)計算されるお方である。

(クルアーン4:86)

またイスラームは、挨拶における優先順位も明確にしています。アッラーの使徒(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)は言いました:

「乗り物に乗った者は歩行者に、歩行者は座っている者に、少数の者たちは多数の者たちに挨拶するのだ。」

(アル=ブハーリーとムスリムの伝承)

Comments