内容

content

list of authors

About Author

IslamReligion

IslamReligion

Islamic site

ハッジ ― 人生一大の旅(2/2):アブラハムの儀礼

ハッジ ― 人生一大の旅(2/2):アブラハムの儀礼

記事

 人類の5分の1が皆、共通の願望を抱いていることがあります。それは人生で最低でも一度、ハッジと呼ばれる精神的な旅を行なうことです。第二部:アラファから最後の儀礼までの行程を見て行きます。また、全能者によって認められるハッジとは一体どのようなものでしょうか。

神への信仰(パート 2/3)

神への信仰(パート 2/3)

記事

 この記事の説明:神の信仰における四事項の内の二つ‐すなわち神の存在、そして神の至高なる主権性に関する信仰‐の説明。

神への信仰(パート 3/3)

神への信仰(パート 3/3)

記事

神への信仰における残り二事項についての説明。神のみが崇拝の対象とされること、そして神の美名と属性によりかれを知ること。

イスラーム第一の柱:信仰証言

イスラーム第一の柱:信仰証言

記事

イスラーム第一の柱の紹介:ムスリムの信仰証言、つまり「神以外に崇拝に値する者はなく、ムハンマドは神の使徒である」というシャハーダを証言すること。そしてそこに潜む様々な意味の検証。

イスラーム第二の柱:礼拝

イスラーム第二の柱:礼拝

記事

イスラーム第二の柱の紹介;礼拝、その精神的重要性、アザーン(礼拝の呼びかけ)、そして金曜日の合同礼拝(ジュムア)について。

礼拝の重要性

礼拝の重要性

記事

 礼拝は、それを的確かつ忠実に行うことによって、ムスリムの精神的・身体的・倫理的な価値観の向上につながる独自の訓練であり、育成プログラムなのです。

祝福の月

祝福の月

記事

ラマダーンにおける寛大さについて。

イスラームにおける正義

イスラームにおける正義

記事

 正義は、イスラームにおける一つの基本的目標であり、倫理的美徳でもあります。そして正義の基準は、クルアーンによって考察されるのです。

誠実さ

誠実さ

記事

誠実さの重要性と、それに対する報奨について。

敬意(上)

敬意(上)

記事

 神への敬意とは、かれに従うことを意味します。

人体器官的有机结合

人体器官的有机结合

記事

本文描述的是,有关复杂的人体器官如何验证安拉的存在,及对达尔文理论的驳斥。

神のしるしを感じ取る能力

神のしるしを感じ取る能力

記事

 いかにしてクルアーンは、熟考を通して神のしるしを感じ取ることが出来るように人類を導くのでしょうか。

科学界正在转向真主

科学界正在转向真主

記事

某些学者在经过多年无神论思想的宣传以后,最终承认了这个世界上还有睿智的设计者的观点。

安拉的明显存在

安拉的明显存在

記事

安拉是宇宙万物的拥有者,他向人类展示了他对万物的完美创造。一个人观察身边的世界,思考生活中的“点点滴滴”时,他就会发现造物主存在的证据无处不在。

天国の悦楽(1/2)

天国の悦楽(1/2)

記事

天国と現世との根本的な違いに関する考察、その一:現世にあるような悲しみや痛み、苦悩をもたらすものの不在。

天国の悦楽(2/2)

天国の悦楽(2/2)

記事

天国と現世との根本的な違いに関する考察。その二:現世におけるそれとは比較にならない天国の快楽と悦び。

鉄の奇跡

鉄の奇跡

記事

クルアーンは、あたかも20世紀の科学にとって馴染み深い考え方である「鉄は大地から産する」ということを否定し、「鉄は“下った”ものである」ということを示しているかのようです。

地球の大気

地球の大気

記事

 近代科学は、クルアーンによって1400年以上前に言及されていた大気に関する事実を発見します。

恩寵・信仰・所業(3/4):神の恩寵

恩寵・信仰・所業(3/4):神の恩寵

記事

イスラームにおける内的信仰と行いとの関係。第三部:人が天国を“獲得”するのは、内的な信念と善行のみによるものだとする間違った概念について。

神によるスンナの保持(2/7):ハディースの記録

神によるスンナの保持(2/7):ハディースの記録

記事

以下では、いかに預言者ムハンマドの教え−すなわちスンナ−が歴史を通して改変や修正から守られ、その信頼性を保ち続けたのかについて論考します。第2部:預言者の言葉(ハディース)は彼の生前、または死後直後に書き留められたのか?

神によるスンナの保持(4/7):イスナードの保持

神によるスンナの保持(4/7):イスナードの保持

記事

以下では、預言者ムハンマドの教え−すなわちスンナ−が歴史を通していかに改変や修正から守られ、その信頼性を保ち続けたのかについて論考します。第4部:イスナード言及の実践、そして初期から行われてきたその保持について。

家族の絆(1/4):序説

家族の絆(1/4):序説

記事

家族制度の密着性を、イスラームがいかに保障するかについて。まずは家族の第一の構成要素である両親に関して。

イスラームの統一色(中)

イスラームの統一色(中)

記事

イスラームが提唱する人種間の平等性と、歴史におけるその例。第二部:預言者の時代における例。

イスラームの統一色(上)

イスラームの統一色(上)

記事

イスラームが提唱する人種間の平等性と、歴史におけるその例。第一部:ユダヤ・キリスト教における人種差別主義について。

なぜヒジャーブをするのか?

なぜヒジャーブをするのか?

記事

 あるムスリム女性が、抑圧ではなく解放のためにヒジャーブをすることを選んだことに関して説明します。

ベールの裏の真実:イスラームにおける女性の地位の真実(3/3)

ベールの裏の真実:イスラームにおける女性の地位の真実(3/3)

記事

イスラームと、ユダヤ・キリスト教の伝統におけるベールとその意味、またイスラームにおける女性観について。第三部:一部ムスリム国家における女性の地位、またなぜ「自由な」欧米女性が続々とイスラームに改宗しているのか、そしてイスラームが女性に与えた権利の概要。

クルアーンの保持(1/2):暗記

クルアーンの保持(1/2):暗記

記事

ムハンマド(神の慈悲と祝福あれ)の時代におけるクルアーンの暗記と、今日の何百万人ものムスリムたちによる暗記について。

崇拝される権利は、神だけのもの

崇拝される権利は、神だけのもの

記事

他のあらゆるものを除外して、神だけが崇拝される権利を有しているのはなぜか。そのような崇拝行為に潜む究極的目的と、神と共に何か他のものを崇拝することに対する警告について。

誠実と罪(後半):罪と良心

誠実と罪(後半):罪と良心

記事

誠実であろうと努力し罪を避けることは、慣習的な儀礼を通して唯一の神を崇拝することだけではありません。それは自身のモラルとマナーはもちろんのこと、自意識を洗練させ、自らの心に問いかけることにまで及びます。後編:罪とは人の意識をとがめ、誠実な心が恥であると感じるようなことです。

嘘をつくことの害悪

嘘をつくことの害悪

記事

社会生活の構造の中に残念ながらも組み込まれてしまっている、嘘をつくという現象について。

慎み深さ(その1):概要

慎み深さ(その1):概要

記事

イスラームにおける慎み深さの重要性と意味、そしてそれは西洋における慎み深さとどのように異なるのか。

来世への旅路(1/8):序説

来世への旅路(1/8):序説

記事

イスラームにおける死後の世界の概念と、それがいかに私たちの生活に意義と目的を与えるかについて。

審判の公正さ

審判の公正さ

記事

なぜ審判の日があるのか、そしてイスラーム以外の宗教の結末はどうなるのか、という質問についての簡単な考察。

アブラハムの物語(6/7):最大の犠牲

アブラハムの物語(6/7):最大の犠牲

記事

アブラハムは「唯一の子」を犠牲に捧げるよう命じられるという、人生最大の試練を夢に見ます。しかしそれは、イサクとイシュマエルのどちらだったのでしょうか?

アブラハムの物語(7/7):聖殿の建築

アブラハムの物語(7/7):聖殿の建築

記事

アブラハムは再び彼の息子イシュマエルを訪れますが、今回は人類全体にとっての崇拝の館である、聖殿の建築を果たすという重要な目的のためでした。

水と衛生

水と衛生

記事

きれいな水は、貴重な資源です。

審判の日の大いなる兆候(3/7):偽メシア(前半)

審判の日の大いなる兆候(3/7):偽メシア(前半)

記事

 ここからは、最後の日と審判の日の少し前に発生する大きな兆候について述べます。本稿では、偽メシアの出現についての預言者ムハンマドの言葉、そして彼の外見や特殊な兆候によって、いかに彼を認識すべきかが叙述されます。

審判の日の大いなる兆候(4/7):偽メシア(後半)

審判の日の大いなる兆候(4/7):偽メシア(後半)

記事

 ここからは、最後の日と審判の日の少し前に発生する大きな兆候について述べます。本稿では、引き続き偽メシアに関すること、そして彼の追従者たちや彼の地上での滞在期間について説明します。

審判の日の大いなる兆候(7/7):最後の大きな兆候

審判の日の大いなる兆候(7/7):最後の大きな兆候

記事

 シリーズ最後の投稿では、審判の日間近に起きる最後の大きな兆候についてが言及されます。これらの兆候には3つの場所での地滑り、煙霧の発生、西からの日の出、大地の獣の出現、そして人々を特定の地へと追いやる炎の発生が含まれます。

クルアーンの挑戦

クルアーンの挑戦

記事

クルアーンによって宣言された、クルアーンに類似する作品の制作への挑戦と、それに対する人間の無力さについて。

クルアーンによる予言

クルアーンによる予言

記事

クルアーンにおける様々な予言の実現こそは、それが神由来のものであるということの明白な証拠です。

イエスの再臨(1/5)

イエスの再臨(1/5)

記事

イエスの再臨に関する、キリスト教徒とムスリム間の類似点と相違点とは? また、ユダヤ教における終末のメシアについて。

アッラーとは何か?

アッラーとは何か?

記事

 ムスリム(イスラーム教徒)は、ユダヤ教徒やキリスト教徒と同じ神を崇拝する?「アッラー」という言葉の意味は?「アッラー」とは月の神のこと?

古兰经的奇迹(1/11): 走向伊斯兰之路

古兰经的奇迹(1/11): 走向伊斯兰之路

記事

贾迈勒·萨拉沃索是美国伊斯兰界杰出代表人物之一,他讲述了《古兰经》的奇迹引导他走上了伊斯兰的道路的经历。(一):论题简介、简述《古兰经》的下降历程和先知穆罕默德的生平。

(4/11):《古兰经》保存的细节

(4/11):《古兰经》保存的细节

記事

贾迈勒·萨拉沃索是美国伊斯兰界杰出代表人物之一,他讲述了《古兰经》的奇迹引导他走上了伊斯兰的道路的经历。(四):《古兰经》的独特的特征之一就是《古兰经》保存的完整性,这一事实足以说明伊斯兰与世界其他宗教不一样。

古兰经的奇迹(5/11): 《古兰经》教诲的完美(Ⅰ)

古兰经的奇迹(5/11): 《古兰经》教诲的完美(Ⅰ)

記事

贾迈勒•萨拉沃索是美国伊斯兰界杰出代表人物之一,他讲述了《古兰经》的奇迹引导他走上了伊斯兰的道路的经历。(五): 《古兰经》本身包含一些证据,证明它是真理,《古兰经》的教诲明确而又完美无瑕。人们不需要“信仰的跳跃”也能相信《古兰经》;对所谓穆罕默德借用或盗用基督教或犹太教教义的无端攻击的看法。

環境意識の創造(1/4):自然の性質

環境意識の創造(1/4):自然の性質

記事

私たちが人と環境の関係を考えるとき、まずは人と神との関係を考えなければなりません。つまり、創造の要点と人の本質的な宗教についてです。

マリヤの子イエス(パート5/5):啓典の民

マリヤの子イエス(パート5/5):啓典の民

記事

ムハンマドの到来以前のイエスとその追随者に対するクルアーン用語「バヌー・イスラーイール(イスラエルの子ら)」と「イーサー(イエス)」、そして「アフルル=キターブ(啓典の民)」に関しての概観。

三位一体論(3/4):アルファとオメガ

三位一体論(3/4):アルファとオメガ

記事

キリスト教において三位一体論の根拠とされる様々の章句の検証。第3部:アルファとオメガとは何者なのでしょうか? それは神なのか、イエスなのか、はたまた双方なのか。

三位一体論(4/4):アルファとオメガ

三位一体論(4/4):アルファとオメガ

記事

 キリスト教において三位一体論の根拠とされる様々の章句の検証。第4部:アルファとオメガとは何者なのでしょうか? それは神なのか、イエスなのか、はたまた双方なのか。

幸福への鍵

幸福への鍵

記事

幸福を達成するためのいくつかの手段とは。

内なる平和を求めて(2/4):運命の容認

内なる平和を求めて(2/4):運命の容認

記事

第二部では、実生活の例や逸話を用いて、人生には制御することの出来る性質の障壁と、そうすることの出来ない性質の障壁が存在し、後者が全能なる神によるものであることを認知する重要性について見ていきます。

イエスの物語・概要

イエスの物語・概要

記事

クルアーン、そして預言者ムハンマドの言行集におけるイエスへの言及。

神の存在の明白さ

神の存在の明白さ

記事

この記事の説明:全宇宙の統率者である神は、その創造物を通してご自身を人類へ紹介されます。人がこの地球での人生における“ささいなる真実”に思いを馳せる時、最終的には神が存在するという結論に行き着くでしょう。

知的設計

知的設計

記事

自然界における様々な事実は神の存在を証明するという概念、またいかにダーウィンの進化論と「Irreducible complexity(還元不能な複雑性)」が相容れないかについて。

全宇宙に遍在するしるし

全宇宙に遍在するしるし

記事

物質の最小単位である原子から、何十億もの恒星を有する諸星雲、私たちとは切り離すことの出来ない月と太陽系に至るまで、あらゆるもの、そしてそれらの細部隅々にまで、すべては一片の不備もなく、精密な時計のように完全なる調和を保っています。これら全ての事実が神の存在を証明しているのです。

生きた惑星、地球

生きた惑星、地球

記事

地球は人間のために特別に設計されており、地球と宇宙で見られる複雑なバランスは、神の存在を証明しています。ただし、それを理解できるのは、真に熟慮する人々だけなのです。

ムハンマドによる予言

ムハンマドによる予言

記事

預言者ムハンマドの予言はその存命期と死後において、実現しました。これらの予言は、ムハンマド(彼に神からの祝福と平安あれ)の預言者性に対する明白な証拠であると言えるでしょう。

ムハンマドに向けられたクルアーンの予言

ムハンマドに向けられたクルアーンの予言

記事

クルアーンの中では、特にムハンマドに対して向けられた、様々な予言が言及されています。そしてこれらの予言は、預言者の教友たちによって書きとめられた伝記書においてよく記録されています。

過去の消息

過去の消息

記事

預言者ムハンマドによって語られた、過去の人々の話について。そしてそれが彼の預言者性を示す、一つの証拠であること。