スーラトゥルインシコーク - - 聖クルアーン ("サード アルガミディ " )

天が裂け割れて, (1) その主(の命)を聞き,従う時, (2) 大地が延べ広げられ, (3) その中のものを吐き出して空になり, (4) その主(の御命令)を聞き,従う時。 (5) おお人間よ,本当にあなたは,主の御許へと労苦して努力する者。かれに会うことになるのである。 (6) その時右手にその書冊を渡される者に就いては, (7) かれの計算は直ぐ容易に精算され, (8) かれらは喜んで,自分の人々の許に帰るであろう。 (9) だが背後に書冊を渡される者に就いては, (10) 直に死を求めて叫ぶのだが, (11) 燃える炎で焼かれよう。 (12) 本当にかれは,自分の人々の中で歓楽していた。 (13) かれは,本当に(主の許に)帰ることなどないであろうと思っていた。 (14) いや,主はいつもかれを見通しておられる。 (15) わたしは,落日の夕映えによって誓う。 (16) 夜と,それに帰り集うものにおいて, (17) また満ちたる月にかけて(誓う)。 (18) あなたがたは,必ず一層から他層に登るであろう。 (19) それでも,かれらが信じないのはどうした訳か。 (20) クルアーンが,かれらに読唱されると,かれらはサジダしようとはしない。〔サジダ〕 (21) いや,信じない者は,(それを)嘘であると言う。 (22) だがアッラーは,かれらの胸に隠すことを熟知なされる。 (23) それであなたは,痛烈な懲罰をかれらに伝えなさい。 (24) だが信仰して善行に勤しむ者は別である。かれらには絶えることのない報奨があろう。 (25)

Choose Your Language