内容

content

Content of article

2.空気

この要素は生命の存続と維持の面で、水に勝るとも劣らない重要性を持っています。地球上のほぼすべての生物は、その呼吸する空気に完全に依存して生活しているのです。空気には、一見人間にとって重要でないように見えても、神によって判然と目的付けられた役割も備えられており、聖クルアーンは私たちにそのことを気づかせてくれます。授粉における風の重要な役割なども、その内の一つです。神はこのように仰っています:

“またわれらは豊沃にする風を送り…”

(クルアーン 15:22)

風はまた、神の全能性と恩寵、そしてその創造の設計における完全性の明確なる証です。神はこのようにも仰ります:

“本当に天と地の創造、昼夜の交替、人を益するものを運んで海原をゆく船の中に、またアッラーが天から降らせて死んだ大地を甦らせ、生きとし生けるものを地上に広く散らばせる雨の中に、また風向きの変換、果ては天地の間にあって奉仕する雲の中に、理解ある者への(アッラーの)印がある。”

(クルアーン 2:164)

“かれこそは、慈悲に先んじて吉報を齎す風を送られる御方である。それが(雨を)含んだ重い雲を運ベば、われはそれを死んでいる地に送って雨を降らせ、これによって各種の果実を生産させる。”

(クルアーン 7:57)

大気はこういった生物学的・社会的役割を果たすため、その清浄さの保護は、イスラーム法の基本的な目的の一つでもある、生命の保護にとっての本質的な一面です。繰り返しますが、こういった義務を果たすために欠かすことの出来ないものは、それが何であれ、それ自体が義務となります。それゆえ、その機能を汚染、破壊、または損なう活動は何であれ、神による創造物への叡智に対する妨害なのです。それは同様に、人間の役割の一部としての世界の開発に対する妨害であるとも見なされるべきでしょう。

3.大地と土壌

空気、水と同じように、大地と土壌は私たちとその他の生命の持続にとって欠かせないものです。神はクルアーンの中で宣言しています:

 “また大地を、生あるもののために設けられた。”

(クルアーン 55:10)

地球のミネラルから、私たちの身体と同様に動植物の構成要素も作られています。神はクルアーンにおいてこのように仰っています:

 “かれが、泥からあなたを創られたのは、かれの印の一つである。見るがいい。やがてあなたがた人間は(繁殖して地上に)散らばった。”

(クルアーン 30:20)

またかれは、大地を私たちと全生命の住処としました。

 “アッラーはあなたがたを土から育てられ、それから、あなたがたは大地に帰され、また起き上らせられる。”

(クルアーン 71:17−18)

私たちの住処として、大地は空間という価値を有します:

 “…またアッラーはあなたがたのために、大地を延べ広げられ、そこであなたがたは、広い大道を往来するであろう。”

(クルアーン71:19−20)

神は大地を私たちと他の生物のための供給の源泉、生計の手段としました。私たちとすべての動物がその生命を委ねるよう、神は土壌を肥沃なものとし、作物の栽培を可能としました。また聖クルアーンにおいて示されているように、山々が雨を受け止め、貯水し、地殻を安定させるようにしたのです:

“われは、大地を大きな容器としなかったか、生存者と死者(双方のために)。その上に山々を高く聳えさせ、また清鮮な水をあなたがたに飲ませたではないか。”

(クルアーン 77:25−27)

“その後、大地を延べ広げられた。そこから水と牧場を現われさせ、また山々をそれにしっかりと据えられ、あなたがたとあなたがたの家畜のための、用益に供される。”

(クルアーン 79:30−33)

“またわれは大地を伸ベ広げて、山々をその上に堅固に据えつけた。そこで凡てのものを(妥当な)均衡の下に、生長させる。われはあなたがたのためにも、またあなたがたが決して養育者たりえないものにも生計の道を与えた。”(クルアーン 15:19−20)

“かれらへの印の1つとしては、われが死んだ大地を甦らせ、穀物をそれから生産し、それをかれらが食べることがあげられる。またわれは、そこにナツメヤシやブドウの園を設け、その間に泉を涌き出させる。かれらはその果実を食べるが、それはかれらの手が作り出したものではない。”

(クルアーン 36:33−35)

もし私たちが本当に創造主に対して感謝するのなら、私たちは土壌の生産性を維持し、風や洪水による侵食に晒さないようにすべきでしょう。それには建築、農業、放牧、林業、採鉱なども含まれます。私たちは衰退をもたらす実践法ではなく、生産力を維持・向上させる方法に従う必要性があるのです。多くの生物が依存している神の贈り物に対して衰退をもたらすことは、神の多大なる恩寵を否定することにつながります。破壊と衰退につながるあらゆる行為は、必然的に地球の生命の破壊と衰退につながるため、絶対的に禁止されているのです。

コメント