内容

content

Content of article

ヨセフの物語は、逆境における忍耐の模範です。ヨセフはその人生における試練と苦難を通し、神への完全なる信頼を貫きました。そして再び、彼は極めて困難な状況に陥りました。今度はアズィーズの妻の仲間の目の前で、彼女による誘惑を払いのけねばならなかったのです。ヨセフは神へとご加護を求めました。

 “主よ、わたしはかの女たちが誘惑するものよりも、牢獄が向いています。あなたがもしかの女たちの悪企みを、わたしから取り除いて下さらなければ、わたしは(若年の弱さで)かの女たちに傾いて、無道な者になるでしょう。”

(クルアーン12:33)

ヨセフはアズィーズの家に住み続けるよりは、獄中で暮らした方がましだと感じました。アズィーズの家は現代社会に見て取れるような性欲、非合法な美、誘惑に満ち溢れていました。彼は周囲のフィトナ1に屈するくらいなら牢獄の方がまだ良いと信じたのです。神はヨセフの祈願に答え、彼を救出しました。

 “それで主はかれ(の祈り)を受け入れ、かの女たちの悪企みをかれから取り払われた。本当にかれは全聴にして全知であられる。そこでかの女たちは(かれが潔白である)証拠を見ていながら、しばらくかれを投獄しよう(それがかの女たちのために良い)と思った。”

(クルアーン12:34−35)

エジプトの主席大臣アズィーズは、ヨセフの無実性を確信していましたが、彼はヨセフを投獄しました。彼が自らの名声と地位を守るには、それしか方法がなかったのです。

獄中のヨセフ

ヨセフと共に投獄されていたのは、彼の敬虔さと誠実さを認めた2人の男でした。2人は共に鮮明な夢を見た後、それについて思い悩んでおり、ヨセフが夢の解釈をしてくれることを期待しました。一方はワインを圧搾している夢で、もう一方は鳥が自分の頭からパンを食べている夢でした。ヨセフは言いました。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に、わたしは必ずその解釈を告げよう。」

 “かれ(ヨセフ)は答えて言った。「あなたがた2人に支給される食事が来る前に、わたしは必ずその解釈を告げよう。それはわたしの主が教えて下さるのである。わたしはアッラーを信じず、また来世を認めない不信心者たちの信条を捨てたのである。そしてわたしは祖先、イブラーヒーム(アブラハム)、イスハーク(イサク)またヤアコーブ(ヤコブ)の信条に従う。わたしたちは、アッラーにどんな同位者も決して配すべきではない。これはわたしたち、また凡ての人びとに与えられたアッラーの恩恵である。だが人びとの多くはこれに感謝しない。”

(クルアーン12:37−38)

ここでのヨセフの振る舞いに注目すべきでしょう。彼らが夢についての質問をするとき、ヨセフは直ちに神こそが彼らに供給を与え、知識と夢解釈を教える御方であると明確にしました。ヨセフは神から来るものと彼自身から来るものの違いを明らかにしたのです。彼は自らの宗教を明らかにし、彼の周囲で実践されている宗教を信じず、来世の信仰を有する真の宗教を信じることを述べました。ヨセフは彼の家系であるアブラハム家が神の唯一性の知識を有し、彼の宗教と家系が神へ同位者を配さないことを断言しました。エジプト人たちは神についての知識を持っていましたが、彼らはその他の神々を同位者や、執り成し手として神に配属させていたのです。

ヨセフは2人に対して、虚偽の神々には何も実体がないこと、そして神の全能性を説明した後、夢の解釈をします。彼は、一方が国王の側近となること、そしてもう一方は磔にされて鳥に啄まれることを告げるのです。

 “2人の獄の友よ、あなたがたの中1人に就いていえば、主人のために酒を注ぐであろう。また外の1人に就いては、十字架にかけられて、鳥がその頭から啄むであろう。あなたがた2人が尋ねたことは、こう判断される。”

(クルアーン12:41)

ヨセフは国王の側近となる者に近づいて、こう言いました。「国王に私のことを伝えるのです。」彼は国王が彼の抑圧について検討し、解放することを望んでいました。しかしながら、サタンの囁きかけと策略によって、彼はヨセフについて言及することを忘れてしまったため、彼はその後も数年間に渡って牢獄に留まることになりました。イスラーム学者たちは、この忘却の性質について2つの見解を示しています。イブン・カスィールは、男が単にヨセフについて言及することを忘れたのであるとし、他の学者はヨセフが神のお力添えを祈願し忘れたため、男が彼についての言及を忘れてしまったのであるとしています。いずれにせよ、ヨセフは獄中に残り、忍耐と不屈の精神をもって神を信頼し続けたのです。

国王の夢

国王は、ナイル川の川岸に立っているとき、7頭の肥えた牛の次に、7頭の痩せた牛が川から現れるのを見る夢を見ました。それは、7頭の痩せた牛が肥えた牛を食い尽くすというものです。次に、7本の緑の穀物の穂がナイル川の川岸から生え、それらが泥の中に消えると、同じ場所から7本の乾いた穀物の穂が生えました。国王は夢から覚めると動揺し、魔術師、司祭、牧師を呼びます。彼らはその解釈をすることが出来ず、それが単なる悪夢であったという結論に達します。獄中でヨセフと一緒になった男がその夢のことを耳にし、ヨセフのことを思い出しました。国王の許可を得て、彼は牢獄へと急ぎ、ヨセフに夢の解釈をするよう頼むのです。

 “かれは言った。「あなたがたは7年の間、例年のように種を播きなさい。だが刈り取ったものは、あなたがたが食べるのに必要な少量を除いて、(残りを)籾のまま貯蔵しなさい。それから、その後7年(にわたる)厳しい(年)が来て、あなたがたがかれらのため以前に貯蔵したものを食べ、貯えるものの少量(を残す)に過ぎないであろう。それからその後に来る1年には、人びとに豊かな雨があり、たっぷり(果汁を)萎るであろう。」”

(クルアーン12:47−49)

国王は夢の解釈をしたばかりでなく、対策まで打ち出したヨセフについて驚きを隠すことが出来ませんでした。国王はヨセフを呼び出すよう命じました。しかしヨセフは牢獄から出ることを拒否し、使者が国王のもとに戻り、こう尋ねることを要求したのです。

“あの手を傷つけた婦人たちはどうなっているのか”

(クルアーン12:50)

ヨセフは自らの潔白が証明されるまでは牢獄から出ることを望みませんでした。

  1.  フィトナというアラビア語は、容易に多言語に翻訳することの出来ない語です。それは、試練や苦難の時を意味しますが、とりわけ、神への正しい崇拝が阻まれること、または不従順や不信仰の行為を引き起こすような状況を指し示します。

コメント