内容

レベルの内容

崇拝される権利は、神だけのもの

崇拝される権利は、神だけのもの

articles

他のあらゆるものを除外して、神だけが崇拝される権利を有しているのはなぜか。そのような崇拝行為に潜む究極的目的と、神と共に何か他のものを崇拝することに対する警告について。

アッラーだけを崇拝の対象とすべきであり、さもないと多神教徒になる危険がある

アッラーだけを崇拝の対象とすべきであり、さもないと多神教徒になる危険がある

videos

1.「クルアーン」鉄章(1節〜2節)は言いま+、天にあり地にある凡てのものは、アッラーを讃える。梢にかれは偉力ならびなく英明であられる4天と地の大権は、かれのものである。かれは生を授けまた死を授ける。かれは凡てに就いて全重であられる2ー「クルアーン」蜜蜂章(123節)で、アッラーは预言者ムハンマド(彼の上に祝福と平安あれ)に、こう啓示しています。そこでわれはあなたに啓示して“純正なイブラーヒームの道に従え”と(告げた)、かれは、偶像信者の仲間ではなかった 。

イバーダ―トの徳

イバーダ―トの徳

books

イスラームにおけるイバーダ―ト(崇拝行為)には、数多くの項目があります。本書では、それらイバーダートに関連した「徳」をテーマに、その幾つかを前出「イスラーム概論」の中から抜粋して紹介しています。項目ごとに分かりやすくまとめたハディース集です。